コンテンツにスキップ

7. 演算コレクタ#

演算コレクタの登録/参照/更新を行います。

7.1 演算コレクタの概要#

演算コレクタは、複数のコレクタのデータを参照して、演算結果を登録するコレクタです。 これによりデータの収集元の違うデータを計算して、別データとして扱うことが可能となります。

例えば、PLC1のアドレスD100とPLC2のアドレスD1000を加算した結果を1つのデータとして登録できます。

演算コレクタ設定画面

7.2 演算コレクタの登録#

演算コレクタの登録を行います。

  1. 演算の追加ボタンをクリックします。
    演算コレクタ設定画面

  2. 下表の項目を入力し、保存をクリックします。

    入力項目 説明
    コレクタ名 コレクタ名
    無効にする コレクタの稼働を無効にする(設定のみ行う場合に利用)
    入力データ 演算に使用するコレクタ名とデータ名
    コレクタ名 参照するコレクタ名
    データ名 参照するコレクタのデータ名
    出力データ 入力データを用いた計算式
    データ型 計算結果後のデータ型
    計算式 登録時に実行する計算式

    計算式について

    • 入力データで設定したデータが変数A~Zのアルファベット順に割り当てられます。$Aや$Bなどで使用できます。
    • 使用可能な算術演算子や関数については「トリガの登録」の「条件式について」を参照してください。
      また、出力データの右隣にある「」ボタンをクリックすることでWeb画面上から参照可能です。
  3. 保存後、登録した内容がデータ一覧の表に反映されます。
    演算コレクタ設定画面

7.3 演算コレクタの参照・更新・削除#

演算コレクタの参照・更新・削除を行います。

  1. サブメニューから参照する演算コレクタをクリックし参照します。
    演算コレクタ設定画面

  2. 変更項目を入力後、「保存」をクリックし、設定を更新します。データを削除したい場合は、「削除」をクリックし、設定を削除します。 演算コレクタ設定画面

Note

  • 演算コレクタを削除すると、データで設定した収集項目がなくなります。
  • エミッタにて、そのデータ項目を利用している場合、自動削除されます。

7.4 データの編集#

演算コレクタで扱うデータの設定を行います。

  1. サブメニューから参照する演算コレクタをクリックして、データ一覧の「編集」をクリックします。そして、編集するデータを選択します。 演算コレクタ設定画面 演算コレクタ設定画面

  2. 下記の項目を編集します。

    入力項目 説明
    データ名 取得するデータの名称
    登録条件 計算結果後のデータ登録条件
    永続化する ストレージ上に保存する
    リアルタイム分析を使用する リアルタイム分析を利用する

Note

  • 本画面では、次の項目の編集はできません。「データ型」、「配列数」
  • 「登録条件」、「リアルタイム分析を使用する」の詳細はユーザガイドをご参照ください
  1. 変更する項目を入力し、更新をクリックします。 演算コレクタ設定画面