コンテンツにスキップ

2. オプションコレクタ#

2.1 オプションコレクタとは#

SpeeDBee Hiveでは、データの収集を行うモジュールのことを"コレクタ"と呼びます。 標準ではPLC等のデータを収集する"コレクタ"が用意されていますが、オプションを購入いただくことで、その他のコレクタを使用することができます。本ドキュメントでは、その使用方法を説明します。

2.2 オプションコレクタの有効化#

オプションのコレクタを利用するには、該当コレクタが有効なライセンスコードを入力する必要があります。詳細は、ユーザガイドのライセンス設定を参照して下さい。

現在公開しているオプションコレクタは以下になります。

名称 説明
VIDEOコレクタ RTSPに対応したネットワークカメラの動画データを収集するコレクタ。この機能は、SALTYSTER製i-Triggerと同一の機能となります。詳しくは、i-Trigger(ユーザガイド)を参照してください。
MQTTコレクタ MQTTプロトコルを利用して、データ収集するコレクタ。利用するには、MQTTブローカーを別途用意する必要があります
EnOceanコレクタ EnOcean Generic Profile1.1に対応したセンサのデータを収集するコレクタ
OCRコレクタ VIDEOコレクタの撮影画像から文字認識機能によるデータ収集するコレクタ。この機能を利用するには、VIDEOコレクタが必要です。詳しくは、i-Trigger(ユーザガイド)を参照してください。
Deguコレクタ ※公開予定
RFIDコレクタ RFIDリーダーを用いて、RFIDタグからEPCやユーザーメモリなどの情報を収集するコレクタ
イベントコレクタ イベントの発火を元に、イベント発火時の情報を収集するコレクタ
演算コレクタ 複数のコレクタのデータ同士を計算して、その結果を登録するコレクタ
作業検出RFIDコレクタ RFIDタグを読み取り、作業状況を検出するコレクタ