コンテンツにスキップ

4. RFIDコレクタ#

RFIDコレクタの参照・登録・更新を行います。

4.1 RFIDコレクタの概要#

RFIDリーダーを制御してRFIDタグから情報を読取り、タグのEPCやユーザーメモリの任意 のアドレスの値を収集するコレクタです。現時点で対応しているRFIDリーダーは、 ImpinjのSpeedwayのみです。

RFIDコレクタを使用する場合のシステム構成

  • RFIDリーダー Impinj Speedway R420 or R700
  • RFIDリーダーアンテナ
  • RFIDタグ
  • RFIDコレクタのWebUI

RFIDコレクタ仕様時のシステム構成

4.2 RFIDの登録#

RFIDの登録を行います。

  1. RFIDの追加ボタンをクリックします。
    RFIDコレクタ設定画面
  2. 各項目を入力し、保存をクリックします。

    入力項目 説明
    RFIDコレクタ名 コレクタ名
    Readerホスト名 RFIDリーダーのホスト名またはIPアドレス
    アンテナ 使用するアンテナ番号
    アンテナ出力(mW) アンテナ電波の出力(250mW、1000mWより選択)
    読込み間隔(秒) タグ読み込みの間隔

    RFIDコレクタ設定画面

4.3 データセットの登録#

RFIDリーダーから読み込んだタグ情報について、タグ情報のうち登録する情報をデータセットとして登録します。

  1. 「データセット 追加」の左横の”+”をクリックします。(クリックする毎に、データセットの列が一列追加されます。)
    RFIDコレクタ設定画面
  2. 各項目を入力し、保存をクリックします。

    入力項目 説明
    データ名 データの識別名
    オフセット タグにおけるデータの格納位置(0~119バイトより選択)
    データサイズ データの容量(1以上の任意の整数値を入力)
    符号あり データの符号化を有効にする

    RFIDコレクタ設定画面

  3. 保存後、登録した内容がデータ一覧の表に反映されます。
    RFIDコレクタ設定画面

Note

EPC(上端)の項目の編集はできません。

4.4 RFIDの参照・更新・削除#

RFIDの参照・更新・削除を行います。

  1. サブメニューから参照するRFIDをクリックし参照します。

    RFIDコレクタ設定画面

  2. 変更項目を入力後、「保存」をクリックし、設定を更新します。データを削除したい場合は、「削除」をクリックし、設定を削除します。

    RFIDコレクタ設定画面

Note

RFIDを削除すると、データで設定した収集項目がなくなります。 エミッタにて、そのデータ項目を利用している場合、自動削除されます。

4.5 データセットの更新・削除#

データセットの更新・削除を行います。

  1. データ列を削除したい場合は、左端にある 削除ボタン をクリックします。

    RFIDコレクタ設定画面

  2. データ列が削除された後、「保存」をクリックし、設定を更新します。

    RFIDコレクタ設定画面

  3. 保存後、更新された内容がデータ一覧の表に反映されます。

    RFIDコレクタ設定画面

    Note

    EPC(上端)の項目の編集、列の削除はできません。

4.6 データの編集#

RFIDで扱うデータの収集設定を行います。

  1. サブメニューから参照するRFIDをクリックして、データ一覧の「編集」をクリックします。

    RFIDコレクタ設定画面

  2. 更新するデータを選択します。

    RFIDコレクタ設定画面

  3. 下記の項目を入力し、「更新」をクリックします。

    入力項目 説明
    永続化する ストレージ上に保存する
    リアルタイム分析を使用する リアルタイム分析を利用する。

    各項目の詳細はユーザガイドの補足をご参照ください

    RFIDコレクタ設定画面

    Note

    本画面では、次の項目の編集はできません。「データ名」、「オフセット」、「データサイズ」、「符号あり」