あらゆるデータを繋ぐ
未来の中枢

次世代型IoT
ミドルウェア

スピードビーシナプス

SpeeDBee Synapse(スピードビーシナプス)は、リアルタイムでのデータ収集と高度な分析能力を核として、多種多様なデータがある現場の課題に迅速かつ的確に対応するための、IoT/DX向けのソフトウェアです。

製造現場の多種多様な工程で使われる、様々な設備からのデータ収集を起点に、データの集約・保存、分析、データ送信、外部システムとの連携に至るまで、製造過程の全域にわたる一連のDX機能を提供します。

次世代スマートファクトリーのキーテクノロジー

ここがポイント!

直感的な操作で監視・制御・連携・拡張

SpeeDBee Synapse(スピードビーシナプス)では、設備の制御や、異常検知時の通知などの送信、外部システムとの連携・拡張などの機能を通じて、製造プロセスの効率化、品質向上、コスト削減を実現することで、運用の最適化、生産性の向上、予測保全によるダウンタイムの削減などが可能です。

また、柔軟なシステム連携機能を備えている為、既存の生産管理システムやERP、その他のビジネスアプリケーションとのシームレスな統合を実現します。

ここがポイント!

開発環境からシステム運用まで

SpeeDBee Synapse(スピードビーシナプス)は、DXを実現する為に必要なIoTシステムを開発するための開発環境としての使い方(開発ライセンス)、開発したシステム及び既存のシステム・構成にて、必要な機能だけを使いシステム運用するための使い方(実行ライセンス)をご提供します。

フルスクラッチでの開発にお悩みの方、既存のシステムへ導入できるソフトウェアの選定でお悩みの方など、幅広くご対応可能ですので、是非お気軽にご相談ください。

DXを爽快に!今までにない操作感で時代を先取る!

ここがすごい!

フローエディタ
複雑なデータ処理をシンプルに実現

フローエディタにより、データの処理過程が一目瞭然。絵を描くように、さまざまなコンポーネントを線で繋ぎ合わせ、要望に応じたデータフローの作成が可能です。複雑なデータ処理を直感的に繋ぎ合わせ、データの収集から、分析、制御、送信・連携を簡単に実現します。

ここがすごい!

セキュリティ
認証・ユーザー管理

認証と権限管理でシステムを安心安全に開発、運用できます。
ユーザ管理の認証、Web-APIのトークン認証、UIのhttps有効化も画面から設定し、簡易権限の付与も可能です。

  • ログイン画面からアクセス
  • 管理者:設定変更、全ての操作が可能
  • オペレーター:権限のあるパネルへの操作のみが可能
  • 閲覧者:権限のあるパネル参照のみ可能

ここがすごい

機能のコンポーネント化で
処理間の連携がよりが柔軟に

コンポーネントごとの状況(起動・停止の確認、警告・異常の有無など)を時間の流れに沿った「ステータスタイムライン」などで確認。稼働中のデータ量の把握、データの入出力件数やデータサイズなどの基本情報を手軽にチェックできます。

またコンポーネント単位で設定変更、再起動が可能なため
該当コンポーネントのみの操作で、他のコンポーネントは影響を受けません。

ここがすごい

データベースの進化
実績をもとに、知見を活かして大幅強化

  • データの永続化期間(短・中・長期)の選択
  • 時系列データベースに対するSQLをサポート
  • 新しいウィンドウ関数をサポート
  • その他チューニングの実施
  • 100%自社開発だからできる機能強化

ここがすごい

SQL Web-API / 制御Web-API
汎用SQLでより身近に

API連携

Web-APIを介し、他システムからSpeeDBee Synapse(スピードビーシナプス)を操作することが出来るため、外部からコンポーネントの操作(起動、停止、状態の確認)が可能となります。この制御用APIは将来的にさらに多くの機能で拡張される予定です。これら全ての機能を通じて、 SpeeDBee Synapse(スピードビーシナプス)はビジネス運営の効率化とスムーズな運用をサポートします。

汎用SQL連携

時系列データベースに保存された情報を、SQLで簡単に検索することが出来ます。データベース管理者や開発者が使いやすい様に、一般的なSQL構文を採用しているため汎用性にも優れています。

ここがすごい

開発環境としての利点
操作・カスタム・デバックが簡単

複雑な処理も直感的に

直感的な操作に加え、システムの稼働状況を色(緑、橙、赤)で瞬時に判別することが可能です。データの動き、値をポイントごとに追跡し、ログ情報と共に機能の起動・停止でデバッグを行えるため、開発の生産性が大幅に向上します。また、Pythonでユーザー自身が独自の機能を開発し、組み込むことも可能です。標準機能だけでは満足できない特殊要件も、柔軟に対応できるためお客様に最適な開発環境を提供し、その可能性を無限に広げることができます。

スピードビーシナプス

システムイメージ

SpeeDBee Synapse スピードビーシナプス 利用レシピ

レシピ

PLC連携

PLC、CNC、センサー、カメラ、RFIDなどのデータを爽快な操作の設定画面で取り込み、各種データを時間軸で紐付けます。収集したデータをグラフ機能などで見える化することで、製造現場を事務所や本社から遠隔監視するだけでなく、障害が発生しても迅速な原因究明が可能になります。

条件合致によるデータ判定で、制御対象のコマンド(メール送信・警告灯点灯など)を登録したり、PLCへデバイス制御向けの書込みを行ったり、クラウドサービスや社内サーバへのデータ送信を実施します。

レシピ

クラウド連携

製造現場にある各種機器データをゲートウェイ上のSpeeDBee Synapse(スピードビーシナプス)で収集し、エッジコンピューティングで異常判定値などを検知します。

データ送信機能を使い、異常結果値のみを、SIMなどを通してクラウド側へ送信し、必要なデータのみをクラウドで可視化、AIツールと連動、複数拠点から監視するといった使い方も可能です。

クラウドへデータを送信する際に通信障害が起きた場合でも、内部にデータベースを持っている為、エッジ側に一定期間データを保存します。通信障害の復旧後に未送信のデータからデータの再送が出来る為、データ欠損の心配もありません。

SpeeDBee Synapse
スピードビーシナプス
ユーザーガイド

基本機能一覧

全般

ユーザー管理ログインユーザー管理と権限設定
サーバ設定サーバ・データベース情報の設定
コンポーネント制御全体・パネル・コンポーネント単位での起動・停止制御
フローーエディタ
 ▶︎編集モードコンポーネントの配置、連結の設定
 ▶︎運転モード稼働状況の監視
ログ管理操作ログ・システムログの参照とダウンロード
Grafana連携ダッシュボードの自動生成
※ Grafana 10.4.5、または Grafana 9.5.9をご利用ください。
※Grafana 11.xには現在対応していません。
モード切り替え編集・運転モードの切り替え
データモニタリングコンポーネント入出力ポートのデータモニタリング
タイムライン各コンポーネントの稼働状況のタイムライン表示
パネルステータスパネル情報の表示
システムリソースシステム情報の表示(CPU・メモリ・ストレージの利用率)
カスタムコンポーネントユーザーが登録したカスタムコンポーネントの管理

★カスタムコンポーネントは、コレクタ、ロジック、アクション、シリアライザ、エミッタの全ての機能をユーザ側で開発することが出来ます。作成したコンポーネントはSpeeDBee Synapse(スピードビーシナプス)に機能実装されます。

シリアライザ・アクション・ロジック

シリアライザログインユーザー管理と権限設定
  ▶︎JSONデータをJSON形式に変換
  ▶︎CSVデータをCSV形式に変換
アクション
 ▶シェルコマンドシェルコマンドの実行
 ▶メール送信メール送信
 ▶Modobus書き込みModbus/TCP対応機器への書き込み
 ▶PLC書き込みPLC機器への書き込み
ロジック編集・運転モードの切り替え
 ▶イベントデータ条件合致した場合のみ、新たに別データとして登録
 ▶イベントトリガ条件合致している区間の情報を出力
 ▶基本統計収集したデータに対する基本統計後のデータを別データとして登録
 ▶FFTFFTした結果をデータとして登録
 ▶移動平均移動平均値をデータとして登録

コレクタ

PLCコレクタ
 ▶各PLCメーカーの通信プロトコルによるデータ収集
  (※詳細は「コレクタ」以下の「PLC」の欄を参照してください)
Modbus TCPコレクタ
 ▶Mobus TCPプロトコルによるデータ収集
EthernetIPコレクタ
 ▶Ethernet/IPのExplicit Messageによるデータ収集
MQTTコレクタ 
 ▶MQTTプロトコルのsubscribeによるデータ収集
リソースコレクタ 
 ▶稼働マシンのシステムリソース(CPU、メモリ)の収集
演算コレクタ
 ▶他データの演算結果を登録するコレクタ

PLC

レジスタデータ読込み
 ▶生データ
 ▶収集データの数値変換
 ▶収集データの登録条件
 ▶収集データの基本統計
収集タイミング
 ▶一定周期
読込み方式
 ▶個別取得
 ▶一括取得
レジスタデータ書込み
 ▶直値(固定)書込み
 ▶コレクタのデータ書込み
 ▶イベントトリガの値
各種プロトコル
 ▶三菱3E(MCプロトコル)
 ▶三菱1E(MCプロトコル)
 ▶JTEKT(コンピュータリンク)
 ▶OMRON(fins)
 ▶MODBUS TCP
 ▶MODBUS RTU
 ▶MEWTOCOL
各種プロトコルは対応予定が含まれている場合もあります。詳細はお問い合わせください。

エミッタ

Azureエミッタ
 ▶Azure IoT Hub向けにデータ送信
AWS IoT Coreエミッタ
 ▶AWS IoT Core向けにデータ送信
FTP/FTPS/SFTPエミッタ
 ▶ファイル転送プロトコルによる収集データファイルの送信
MQTTエミッタ
 ▶MQTTプロトコルのpublishによるデータ送信
Fileエミッタ
 ▶稼働マシン上に収集データをファイルとして保存

i-Trigger(拡張パッケージ)

カメラ連携と関連する機能は、「i-Trigger拡張パッケージ」として含まれており、別途インストール必要があります。

i-Trigger拡張パッケージについては「SpeeDBee Synapse ドキュメント 10. i-Trigger(拡張パッケージ)」を参照してください

ライセンス

開発ライセンス

購入タイプ

買取型

250,000 円(税抜)

SpeeDBee Synapseの全機能が使用可能です
【初期購入1年目必須】
・アップデート保守
50,000円(税抜)
・PS10サポート
100,000円(税抜)

サブスクタイプ

1年ごとに更新

100,000 円 (税抜)

SpeeDBee Synapseの全機能が使用可能です
【初期購入1年目必須】
・PS10サポート
100,000円(税抜)
※サブスクタイプはアップデート保守含む

※PS10サポートは、年間10時間のチケット制で弊社の技術サポートが使えるサービスです

※システムを運用する際は、必要な機能のみが使える実行ライセンスを発行いたします。詳細はお問い合わせください。


どなたでもご自由に無償で
ダウンロードできる評価版

IoT/DX 組込みから
システム開発まで
承ります
お気軽に
お問合せください