推奨環境

各プラットフォームの推奨環境については、以下の通りです。

〇 Raspberry Pi 版
  • Raspberry Pi 4 Model Bまたは Raspberry Pi 3 Model B
  • Raspbian GNU/Linux 11 (bullseye)
  • ストレージ:最低300MB
  • 一時保存200~700MB程度以上 推奨
    (SDカード32GB以上推奨、OS の必要サイズを除く)
  • データの保存に必要な容量は設定に依存

※Raspberry Pi 版 Raspbian GNU/Linux 10 (buster)について
評価版にはRaspbian GNU/Linux 10 (buster)のバージョンが含まれます。
こちらは、既存利用者様向けのバージョンとなります。
Raspberry Piをこれから利用予定のお客様は、
Raspbian GNU/Linux 11 (bullseye)をご利用下さい。

〇 Ubuntu18 版
  • Ubuntu 18.0.4 LTS
  • CPU:2 GHzデュアルコアプロセッサ以上
  • メモリ:4 GBシステムメモリ
  • ストレージ:最低300MB 
  • 一時保存200~700MB程度以上 推奨
    (OS の必要サイズを除く)
  • データの保存に必要な容量は設定に依存
〇 Ubuntu20 版
  • Ubuntu 20.04 LTS
  • CPU:2 GHzデュアルコアプロセッサ以上
  • メモリ:4 GBシステムメモリ
  • ストレージ:最低300MB 
  • 一時保存200~700MB程度以上 推奨
    (OS の必要サイズを除く)
  • データの保存に必要な容量は設定に依存
〇 Windows 版
  • Windows 10 (64bit) version 21H1 以降
  • アーキテクチャ:x86_64
  • CPU:2 GHzデュアルコアプロセッサ以上
  • メモリ:8 GBシステムメモリ
  • ストレージ:最低300MB 
  • 一時保存200~700MB程度以上 推奨
    (OS の必要サイズを除く)
  • データの保存に必要な容量は設定に依存

評価版で利用できる機能

〇 制限事項
・ 連続稼働時間は1時間となります。

〇 コレクタ機能
  • リソースコレクタ(CPU/メモリ/ストレージ等)
  • PLCコレクタ
    (三菱3E/MCプロトコル、三菱1E/MCプロトコル、JTEKT/コンピュータリンク、OMRON/fins、MODBUS TCP、キーエンス/上位リンク)
  • ビデオコレクタ(RTSP書式のIPカメラ対応)
〇 エミッタ機能
  • ファイルエミッタ(CSV/JSON形式)
  • i-Triggerエミッタ
〇 その他
  • 専用ビューワ(動画と数値データを時間同期で表示、切出しデータのダウンロード)

ダウンロードデータ

Ubuntu 20/Ubuntu 18/Raspberry Pi/Windows 対応版
全プラットフォーム対応

マニュアル

製品マニュアルはこちらからご参照ください。
ダウンロードデータにもマニュアルは同梱されています。