推奨環境

各プラットフォームの推奨環境については、以下の通りです。

〇 Raspberry Pi 版
  • Raspberry Pi 4 Model B または Raspberry Pi 3 Model B
  • Raspbian GNU/Linux 11 (bullseye)
  • ストレージ:最低300MB 
  • 一時保存30~700MB程度以上 推奨
    (SDカード16GB以上推奨、OSの必要サイズを除く)
  • データの保存に必要な容量は設定に依存

※Raspberry Pi 版 Raspbian GNU/Linux 10 (buster)について
評価版にはRaspbian GNU/Linux 10 (buster)のバージョンが含まれます。
こちらは、既存利用者様向けのバージョンとなります。
Raspberry Piをこれから利用予定のお客様は、
Raspbian GNU/Linux 11 (bullseye)をご利用下さい。

〇 Ubuntu18 版
  • Ubuntu 18.0.4 LTS
  • CPU:2 GHzデュアルコアプロセッサ以上
  • メモリ:4 GBシステムメモリ
  • ストレージ:最低300MB 
  • 一時保存30~700MB程度以上 推奨
    (OS の必要サイズを除く)
  • データの保存に必要な容量は設定に依存
〇 Ubuntu20 版
  • Ubuntu 20.04 LTS
  • CPU:2 GHzデュアルコアプロセッサ以上
  • メモリ:4 GBシステムメモリ
  • ストレージ:最低300MB 
  • 一時保存30~700MB程度以上 推奨
    (OS の必要サイズを除く)
  • データの保存に必要な容量は設定に依存
〇 Windows 版
  • Windows 10 (64bit) version 21H1 以降
  • アーキテクチャ:x86_64
  • CPU:2 GHzデュアルコアプロセッサ以上
  • メモリ:8 GBシステムメモリ
  • ストレージ:最低300MB 
  • 一時保存30~700MB程度以上 推奨
    (OS の必要サイズを除く)
  • データの保存に必要な容量は全体に設定に依存

評価版で利用できる機能

〇 制限事項
・ 連続稼働時間は1時間となります。

〇 コレクタ機能
  • リソースコレクタ(CPU/メモリ/ストレージ等)
  • PLCコレクタ
    (三菱3E/MCプロトコル、三菱1E/MCプロトコル、JTEKT/コンピュータリンク、OMRON/fins、MODBUS TCP、キーエンス/上位リンク)
  • MQTTコレクタ
    (JS/Pythonを使ってデータ送信プログラムを開発することで連携可能)
  • SmartHopコレクタ(AE2100版のみ提供)
  • カスタムコレクタ(Python/Cでコレクタを開発)
  • ビデオコレクタ
  • PLCコレクタ専用の簡易設定画面
  • 各種コレクタ専用のダッシュボード自動生成
  • PLCのラダープログラムからのアドレス読み込み機能
〇 エミッタ機能
  • ファイルエミッタ(CSV/JSON形式)
  • MQTTエミッタ
  • FTP/FTPS/SFTPエミッタ
  • AWSエミッタ
  • Azureエミッタ
〇 その他
  • トリガ・イベント・コマンド
  • OPCUAサーバ
  • DBサーバ+グラフツール”Grafana”プラグイン
    – Grafanaの自動セットアップ機能(Windows以外)
    – Grafanaダッシュボードへのリンクボタン
  • 分析(基本統計、移動平均、FFT)
  • オンライン・マニュアル(HTML)

ダウンロードデータ

Ubuntu 20/Ubuntu 18/Raspberry Pi/Windows/AE2100 対応版
全プラットフォームに
対応しています
インストール手順・基本設定に関してはこちらの動画をご参照ください。

ダウンロードデータ「AE2100」対応版

沖電気工業株式会のAIエッジコンピューター「AE2100」に対応した評価版は上記のダウンロードデータに統合しています。

※「AE2100」に関する推奨環境などは、沖電気工業株式会のホームページ等からご確認をお願いいたします。

AE2100向けのSpeeDBee Hiveのインストールについてはダウンロードデータに同梱されているマニュアルをご参照ください。

マニュアル

製品マニュアルはこちらからご参照ください。
各ダウンロードデータにもマニュアルは同梱されています。