製造現場の見える化サービスの概要

製造現場の見える化サービスは、弊社 IoT ミドルウェア製品(SpeeDBee Hive/i-Trigger/in虎 など)を利用して、製造現場で発生する各種データを収集し、時系列でグラフ化することでデータを見える化し、製造現場でのデータ活用の有効性判断を短期間・低コストで実現するサービスです。

データの可視化をステップアップに、その先のデータ活用の有効性を明確にし現場DX、IoT化を促進します。
生産性向上、稼働率アップ、歩留り改善、生産ラインのチョコ停低減などの課題を抱えている現場のDX化への最初の第一歩としてお勧めのソリューションです。 

製造現場で発生するデータを収集

  • PLC(シーケンサ)からのデータ収集
  • 生産計画・生産数などの製造実績データ
  • 製造ラインの運転・停止などの稼働・制御データ
  • PLCに接続された各種センサーやデバイスのデータ
  • センサーからのデータ収集
  •  温湿度センサー、照度センサー、加速度センサー等のデータ
    (Bluetooth/EnOcean/SmartHop などの各種通信プロトコルを利用)
  • IPカメラを使った動画データ収集
  •  RTSPをサポートしたネットワークカメラを利用
     OCR機能も利用可能
  • その他データ収集
  • 各種デバイス/装置/システムからのデータ
    (Python、C言語を使ってデータ収集部分を開発)

収集したデータの見える化(時系列でグラフ化)

  • 自動グラフ作成
    収集した全てのデータは時系列の折れ線グラフ表示で、ダッシュボードが自動作成されます
    グラフの表示は、折れ線/棒/表/チャートなどの形式に手動で設定可能

データ活用の有効性を明確化

  • 製造ラインの稼働/生産状況の遠隔監視
  • トレーサビリティとしてのデータ蓄積
  • 温湿度分布の見える化と遠隔監視
  • 異常発生時の動画/数値データの視覚的確認(時系列のビューワ)とファイル保存

システム化のご提案

  • お客様のご要望に応じてシステム化をご提案いたします
  • 生産性向上/稼働率アップ/歩留り改善/遠隔制御/チョコ停低減/既存システムとの連携

具体的な導入事例

  • 製造ラインの稼働/生産状況をPLC(シーケンサ)からデータを収集し、異常発生時にアラート発砲
  • 製造ラインの稼働を事務所から遠隔監視
  • 異常発生時には、データの閾値判定による警告灯の点灯やアラートメールを送信
  • 各種センサー値データをPLCから収集する
  • 各種センサーの時間経過による変動を事務所から遠隔監視
  • 上位システムへの定期的データ送信
  • 温湿度センサーで温度分布を測定し、異常発生時にアラート発砲
  • 環境的に遠隔監視が必要な、冷凍室/冷蔵室/作業室などの温湿度分布を測定・監視
  • 異常発生時には、データの閾値判定による警告灯の点灯やアラートメールを送信
  • カメラによる製造ラインの監視
  • 異常発生時を切り出した動画データを専用ビューワで目視確認
  • ファイル出力
  • 上位システムへの異常時のデータ送信
  • 洗浄工程(メッキ等)の給水削減と遠隔監視
  • 給水バルブを制御するために、電気伝導度/pH/混濁度等で開閉制御の閾値を設定
  • データの閾値判定から給水バルブの自動開閉を制御

導入スケジュール

※スケジュールはイメージです。お客様環境に差異があることが想定されますので、実際のスケジュールは変動する可能性があります。

お気軽にお問合せください

何でも繋がる、安価、短時間でのIoT構築

SpeeDBee Hive

その他

IoTソリューション、データベース製品

ワンストップオーダー

組込み・システム開発